妻の生命保険を払っている場合、夫の生命保険料控除の対象になりますか? - 生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 山形

HOME > 目的別保険相談 > 妻の生命保険を払っている場合、夫の生命保険料控除の対象になりますか?

生命保険の加入中

妻の生命保険を払っている場合、夫の生命保険料控除の対象になりますか?

2015年08月24日

【ご相談事例】

妻が契約者の生命保険の保険料を、夫である私が支払っています。
この場合、夫の私が支払った保険料は、私の生命保険料控除の対象となりますか。

【ご回答】

生命保険料控除の対象となるのは、保険金の受取人が保険料を支払った本人、または、その配偶者やその他の親族になっている生命保険で、契約者が誰であるかは関係ありません。

ご質問いただいた内容によると、保険金の受取人が誰なのか判別しかねます。

もしも、保険金の受取人が契約者本人か保険料を支払っている夫(配偶者)、お子さんなどその他の親族であれば、夫の生命保険料控除の対象となります。

しかし、保険金の受取人が上記に掲げた条件から外れている場合(本人かその他の親族でない場合)には、生命保険料控除の対象とはなりません。

まずは生命保険の保険金受取人を確認してみましょう。
そのうえで、必要に応じて保険金の受取人の変更手続きをされるといいでしょう。

ちなみに、生命保険料を負担した人と保険金を受け取った人の関係によって、かかる税金の種類が異なります。
保険金の受取人を変更する場合には、将来の税負担も考慮するのがポイントです。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

山形鉄道を応援しています
採用情報
ライフステーションニュース
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 髙石一夫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 ライフステーション

営業時間/
月~金曜 9:00~17:30

〒993-0033
山形県長井市今泉563-11

TEL/0238-88-9284
FAX/0238-88-1028

公共交通機関をご利用の場合

今泉駅より徒歩12分

お車をご利用の場合

お客様専用駐車場15台完備

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

長井市倫理法人会 副会長

(社)やまがた代協 教育委員長、副会長

(社)やまがた代協置賜支部 支部長

自衛官募集相談員(長井市より委託)

長井ライオンズクラブ 副会長

長井商工会議所 議員

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。